HOME > 採用情報 > 社員インタビュー > 近藤 和英

KAZUHIDE KONDO

デザイン室 / 2014年 中途入社

私の業務は、自社コンテンツにまつわるデザイン制作、クライアントへの広告・ブランディング提案、矢動丸プロジェクト自体のブランディング構築など多岐にわたります。私のような内製のクリエイティブには営業のフォローやバックアップ的な役目も課せられていますので、社内の潤滑油としても機能するよう心がけています。日頃の雑談などから営業が求めている営業的な問題点やリクエストなどをヒヤリングし、クリエイティブとしてサポートすることも多くあります。

入社後初めて制作した『バカ売れ研究所!』のアートワークが印象に強い仕事です。番組開始と同時に入社したようなかたちなので、『バカ売れ研究所!』は「同期」のような存在です。番組内の素材を制作会社と協力し用意することもありますし、「デザイン」という外形的な部分だけではなく営業とともに番組を作っているような目線で携わっています。

設立して30年以上と歴史ある会社ですので、僕の知っている矢動丸はごくごく一部でしかありません。なのでなかなか一言では表現できませんが、社風としてはとてもフランクではないかなと思います。当然緊張感もありますが、フッと湧いたアイデアや企画は出しやすい環境だと思います。どの会社も職場環境の5割は社員一人ひとりの工夫や小さな気配りの積み重ねで成り立つものなので、そういった意味では風通りのいい会社ではないかなと思います。

同じような人の集まりでは会社として新しい発見はありませんし、会社にもいろいろな個性があっていいと思いますが、『謙虚であること』は業種やスキルを問わず必要な土台ではないかと思います。謙虚な姿勢からしか的確な提案やアプローチはできませんし、謙虚さが備わっていれば小さな失敗からも多くのことを学び、次に活かせる肥やしにできます。月並みなことですが、とても大切なことだと思います。

近藤 和英/デザイン室/2014年 中途入社
自社コンテンツやサービスにまつわるクリエイティブ全般のデザイン制作、
広告や企業のブランディング提案などに携わる。

新卒採用ページへ

中途採用ページへ

CONTACT